ハイブランドショップが展開【婚約指輪で二人の愛を再確認】

指輪

式に必要な指輪はいくつか

指輪

花嫁の指輪はふたつでも可

婚約指輪はプロポーズの際に贈られることが多い物です。婚約すなわち結婚の約束なわけですが、では、結婚の約束が果たされる結婚式当日に婚約指輪の出番があるのかどうか、あまり知られていません。まず、結婚式当日に婚約指輪は身につける物なのかというと、これは新郎新婦の意思で選べます。身につけても身につけなくてもOKなのです。結婚式まで身につけていた思い入れのある指輪でしょうから、式当日も身につけることを推奨します。式当日に身につける場合、結婚指輪は式の最中に使用するので預けることになるのに対し、婚約指輪は花嫁の身支度の最中から身につけておけば問題ありません。つまり、指輪の交換後、花嫁は指輪をふたつ薬指にはめることになります。

グローブとの相性に注意

さて、結婚式当日も身につけることが可能とはいえ、注意点もあります。婚約指輪と言えば、ダイヤが立て爪にはまっているタイプが主流です。そういった石が大きいタイプの指輪は、花嫁のグローブに引っ掛かりやすいという難点があります。そのため、より引っ掛かりやすくなってしまうレースのグローブは避けたほうが無難です。ドレスに合わせてどうしてもレースのグローブがいいといった具合にコーディネートを優先する場合は婚約指輪を身につけることは難しくなります。最初からグローブの予定ではない、もしくは石が大きいタイプではない婚約指輪であれば特に問題はないものの、ドレスに引っ掛からないように注意を払うくらいは意識しておくといいです。